2021年01月16日更新
2021全日本卓球選手権、準々決勝!!

2021全日本卓球選手権大会が、コロナ禍 無観客で準々決勝迄進みました!

世の中が、緊急事態宣言で、人出もやや少なくなってきています。

大阪の体育館で、選手達は元気に戦っている様子を、11時からの映像に見入っています。


第一コートでは、「伊藤美誠V S長美柚」

隣のコートでは、「早田ひな VS 佐藤瞳」の2試合が同時に始まりました。

...................
「伊藤美誠V S長美柚」戦です!
結果は…
伊藤 (4−0) 長崎
11-8
13-11
11-9
11-4

2ゲーム目…
8-8 伊藤選手のサーブが効いていて、サーブポイントを取りました。

9-9 伊藤選手サービスからの、3球目攻撃がオーバーミスです。

9-10 長崎選手のサービスを、回り込んだ伊藤選手のレシーブスマッシュを、打ち返し1本リードしました。

10-10 伊藤選手からのサービスを、思い切りバックスマッシュで、ネットにかけてジュースになった。

13-11 ジュースを制したのは、伊藤選手のラッキーエッジポイントでした。

3ゲーム目…
伊藤選手が、終始リードです。

長崎選手も、サービスでポイントを取っていましたが、伊藤選手の不思議なサービスパフォーマンスは、よく利いていて、サービスポイントや、3球目攻撃に繋がっていました。

又、サウスポー長崎選手の鋭いコース取りにも、伊藤選手の足は、よく動けていたと思います。
 

4ゲーム目…
ゲームカウント3-1で迎えた、4ゲーム目!

やはり、伊藤選手の、腕をクネクネしてから繰り出される、サービス!!

8-4.9-4.10-4 最後のポイントも、サービスポイント2本で、マッチを制しました!!

...................
「早田ひな VS 佐藤瞳」戦です。

結果は…
早田ひな(4-1) 佐藤瞳
11-5
11-6
8-11
11-3
11-6

佐藤瞳選手は、カットだけでなく、よく攻撃をしてくるカットマンです。

しかし、早田選手は、佐藤選手のカットのコース突いて、何本もドライブで繋ぎ、スマッシュを決めていた。

佐藤選手は、カットミスが少なく、よく返していて、ドライブがフォア側に来ると、カットしないでスマッシュ攻撃で決めていた。

ここからは、早田選手、ドライブで繋ぎながら、ストップを織り交ぜ、浮いた所をスマッシュ攻撃していました。

4ゲーム目には、早田選手の連続攻撃で、佐藤選手はカットできず押された感じでした。

5ゲーム目に入りましたが、隣コートでは、攻撃マン同士なので、伊藤選手勝利で、試合は終了していました。

このゲームは、序盤から終始、早田選手がリードしています。

8-5.8-6.9-6.と…

早田選手は此の侭、ドライブ、ドライブとボールの所へ、よく足が動いていて、ストップで浮いた所を、渾身のスマッシュで、伊藤選手に続き、準々決勝を勝利し、準決勝へと駒を進めました☆彡