2020年02月02日更新
やっぱり、中国は強かった!!

ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2020年1月28日〜2月2日
大会5日目の2月1日、ミックスダブルス決勝、
6日目2月2日 27:50 女子ダブルス決勝が行われました。

女子ダブルス決勝…
決勝…VS 陳夢/王曼
(3-1)
7-11
8-11
11-7
8-11

平野/石川ペアは優勝ならず準優勝でした。

しかし、日本ペアはとてもコンビネーションが良い様に思えました。

平野選手の速いバッハンドの返球が、石川選手のフォア側に来たボールにも、しっかり足を動かしたフットワークが出来ていて、何本も撃ち返していました。

ダブルスの練習を、沢山している事が、伺えました。
もう少しです…頑張って!!!
.......
ミックスダブルス決勝 21:20〜
相手ペアは、世界最強と言われる(中国)「許キン/劉詩ブンペア」です。

このペア戦は、過去3戦中、ゲームオール9点の熱戦は2度有りました。
でも、1度も破る事ができませんでした。
今回は、4度目の決勝です。

結果は…1-3で敗れ、準優勝!!
4度目の正直と成りませんでした^^;

水谷隼/伊藤美誠VS許キン/劉詩ブン(中国)
(1-3)
10-12
11-13
11-7
7-11

この結果の通り、1・2ゲームはジュース迄競っています。

何度も、映像を観ましたが〜
伊藤選手が、あの許義手の左裏面ドライブやフォアドライブを、しっかり打ち返しているのは素晴らしいと思いました。

また、伊藤選手の巻き込みサーブで連続エースを取ったり、フリックが連続で、炸裂していた。
.......
この後、26:10〜男子シングルス準々決勝が行われた。

水谷隼選手の林高遠選手(リンガオユエン・中国)戦です。

水谷選手は、ゲームカウント0-3から3-3に追い着いた。

しかし、ファイナルゲームは6-11でベスト8でした。

前の2回戦では、台湾の神童・林桓選手(リンインジュ)戦は見事でした!

混合ダブルスでは準優勝でしたが、水谷選手がよくリードしていた事がわかりますね!!

五輪イヤー2020年、最初のワールドツアーで、やはり 水谷選手は、日本を引っ張っているという事が印象に残ったツアーです.

2/2ドイツオープン最終日は…
女子S 陳夢VS朱雨玲、丁寧VS王曼
男子S 許VS林高遠、馬龍VSオフチャロフ

最終日は中国選手戦、中国は全種目で優勝してツアーが終わるのでしょうか?

この最終日、中国勢の中にドイツ、「オフチャロフ選手」が残っています。
地元の声援を背に頑張ってくださ〜い☆彡