2019年04月13日更新
卓球、スポーツに向かう為の段階…

Kクラブ卓球教室に、会社勤めや子育てが一段落して、卓球をやってみたいという方々が体験に参加されます。

一度もラケットを握った事の無い方達の体験後の言葉が、皆さんの足手まといにならないでしょうか?という言葉を耳にします。

しかし、卓球を遊びやテニスなどをやっていたという方達は、基本とは関係なく台に入れる事はできていますが…

長い間、体に染み付いたものは、中々変更するのは時間がかかってしまいがちに思われます。

初めて、ラケットの持ち方、基本の振り方を教えて貰う方が早道だと思います。

勿論、年齢、運動神経は関係するするのは言うまでもありませんが〜

大人だけでなく子供が運動やスポーツを拒む要因にはどんな事があるのでしょうか?

教本にそんな原因が書かれていました。

^貅仝彊では…
どうせ上手くできない。
苦手という思い込み。

二次原因…
恥ずかしい。
苦しい。
指導者が厳しい。


アスリートの原風景にある運動やスポーツの原体験を聞いた記載では…

一般の人の原風景では「裏山の神社」という答えが帰ります。

しかし、アスリートの場合は「裏の神社でやった缶蹴り、鬼ごっこ」という様に動きが加わったそうです。

更に、その風景をスポーツや運動に限定すると、勝てたとか、父と走ったとか成功体験や達成感が含まれることがとても多い。


なぜ、そうした事を強く覚えているのか。

成功体験や達成感が、なぜ嬉しく、強く記憶されるのか。

「できた」の瞬間、人の心には何が起こっているのか?

それは、本人が望み、あるいは周囲の期待に答えたりという、欲求が充足されるからだそうです。

こう考えると「できた!!」という初期経験や成功体験は、その後の運動、卓球や他のスポーツ実施に強く影響してくる。


赤ちゃんとお母さんのように…

理想的な関係は、赤ちゃんとの関係で考えるとよく見えてくるそうです。

寝たきりから、ハイハイ、つかまり立ちを始め、やがて自分の足だけであるき始める。

この過程は、決して順調に進むものではなく、時には転び、物にぶつかり泣いたりしても、決して赤ちゃんはやめることはしません。


上手く出来た時の自信、達成感の大きさが計り知れな無い物があるはずという。

内発的動機づけ」の状態をもたらす要因は…

〕能感…自分ができるという自信

⊆己決定感…自分からやっている感覚

8鯲性…周囲の肯定的、支援的反応


赤ちゃんの内発的動機づけと、お母さんの共感性で気持ちで沿い、ともに喜ぶ相互性が認められる。

スポーツも運動も同じことが言えるという。


「できた!!」という強い達成感を得るには、そこに至る過程での経験が関係している様に思われます。

偶然できたよりも、苦労してできた事の方が達成感は強いはずです。

又、苦労する過程で様々な経験を積み重ねるはずであり、次なる挑戦への意欲も高まり、再現性においても高くなるに違いありません。


卓球のサービスでも、試合で使える様に成るには相当の時間を要します。

自分が苦労して掴んだコツを一言で教えても、その選手のものには中々なり得ないようです。

テレビ等でスーパー選手達のサービスを観て、自分も「やりたい」と思う所から「できた」迄、時間を費やして達成感を手に入れてはいかがでしょう!!

2019世界卓球は間近になりました。
スーパー選手達のプレーをお手本に勉強してみましょう!!

「世界卓球2019ハンガリー」4月23日開幕へ向けて
日本代表選手団記者会見が行われました。

男子監督、倉嶋洋介氏と女子監督、馬場美香 氏が初めに、中国打倒を目指して頑張るとのお話がありました。

又、記者から平成から令和にかけての抱負を聞かれ、全員が平成最後の大きな大会への意気込みを話していました。

男子選手は…
張本 智和(木下グループ)wr4位
丹羽 孝希(スヴェンソン)wr8位
水谷  隼(木下グループ)wr13位
吉村 和弘(東京アート)wr50位
森薗 政崇(岡山リベッツ)wr45位
大島 祐哉(木下グループ)wr25位
木造 勇人(愛知工業大学)wr313位
吉村 真晴(名古屋ダイハツ)wr33位

女子選手は…
石川 佳純(全農)wr6位
伊藤 美誠(スターツ)wr7位
平野 美宇(日本生命)wr9位
佐藤  瞳(ミキハウス)wr13位
加藤美優(日本ペイントホールディング)wr22位
早田 ひな(日本生命)wr34位
橋本帆乃香(ミキハウス)wr26位