2018年12月27日更新
H30年4月1日〜 改定のラージボール卓球ルール

30年4月1日 改定のラージボール卓球ルール

審判講習会でラージボールの改正も合わせて説明がありました。

現行のラージボール卓球ルールは、「レクレーション用」「競技用」の2章立てとなっています。

(第1項目的)
‖茖仮牢靄椒襦璽
幅広く卓球の普及とともにレクレーションとしての卓球を楽しむことを目的とした諸規則。

第3章卓球ルール
JTTAが主催または主管する競技大会で適用される諸規則を定めた。

その他の団体が主催するラージボール協議会にも適用し、競技が行うことが望ましい。

この事により、レクレーションとして楽しむ選手やリハビリテーションには、現行どおりとなり、

JTTA主催大会等に参加する競技には、静止の厳守、投げ上げ高さの不足による「ぶっつけサービス防止」等がルール化され、審判も公平・公正なルールにより明確にジャッジ出来るようになります。

平成30年4月1日より開催される{全日本ラージボール卓球選手権大会」、「全国ラージボール大会」は、
競技ルールを「競技大会ルール」と名称を改めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
H24.4.1改定の現行ルール…
(目的)
第1条 このルールは、日本卓球ルールに規定したボールの寸法をラージサイズとしたボール(ラージボール)を使用するラージボール卓球ルールとして制定する。

2 「第2章基本ルール」では、幅広く卓球の普及とともにレクレーションとして卓球を楽しむことを目的とした諸規則を、

「第3章競技ルール」では、JTTAが主催または主管する競技大会で適用される諸規則を定めた。

なお、その他の団体が主催するラージボール競技会にあっても「第3章競技ルール」を合わせ適用して競技を行う事が望ましい。

第2章 基本ルール
第3章 競技ルール
...........↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓............
(目的)
第1条
このルールは、日本卓球ルールに規定したボールの寸法をラージサイズとしたボール(ラージボール)を使用するラージボール卓球ルールとして制定する。

2
「第2章レクリエーションルール」は、幅広く卓球の普及とともにレクリエーションとして卓球を楽しむことを目的とした諸規則を、

「第3章競技大会ルール」では、JTTAが主催または主管する競技大会で適用される諸規則を定めた。

なお、その他の団体が主催するラージボール競技会にあっても「第3章競技大会ルール」を合わせ適用して競技を行うことが望ましい。

第2章 レクリエーションルール変更しない
(13ポイント勝ちが残る)
1
第3章 競技大会ルール現行ルールに次の項目を追加する。

ゞサ司法 「10対10」以降は、2ポイント差とする。

▲機璽咼 「2〜3秒静止」し「16cm以上上げる」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラージボールに初めて参戦した時には、ルールに関して戸惑いを感じた事を思い出しました。

点数で13ポイント勝ちで、失敗の経験もあります。(しかし、このルールは大会によっては適用の様です、注意です。)

サービス ルールの「2〜3秒静止」「16cm以上上げる」は、どんな大会でも改正の様ですので注意ですね!!

ラージボール相互審判では、このサービス上げが緩かったので、楽だったが、これからは公式同様ちゃんと見ないとだめですね^_^