2018年12月17日更新
グランドファイナル、若き日本選手達(男子S,女子D)は決勝で中国に勝利出来ましたぁ〜!!

写真:グランドファイナル、若き日本選手達(男子S,女子D)は決勝で中国に勝利出来ましたぁ〜!!

2018 ITTFワードツアーグランドファイナル、韓国(仁川)で行われている16日最終日に、男子シングルス張本選手と、女子ダブルスの「みまひなペアー」は見事優勝を果たしました(^O^)/

張本智和選手は「ワールドツアー史上最年少の年間王者」になりました☆彡

男子シングルスの決勝…
張本選手(WR5位・15歳)の対戦相手は中国のサウスポー、林高速選手(WR4位・23歳)です。

5月の中国オープンでは、張本選手が1-4で林選手に敗れていた。
今回の張本選手は、世界ランク1位を破って準決勝に進出してきた「ブラジルのカルデラノ選手」を4-0で勝って、絶好調で決勝に臨んでいた。

:1ゲーム目は、カウンターやロングサーブなどで、巧みなプレーで林選手のミスを誘って、このゲームは取った。
:2ゲーム目は、林選手の台上からの、積極的な攻撃と高速バックハンドなどが観られ、接戦の戦いでジュースになった。
日本側が「タイムアウト」を取ったが、タイムアウト明けは、ミスで13-15で接戦を落としました。
:3ゲーム目は、出だしから6-0と林選手を近づけない戦いぶりだった。
お互いのバックハンドは五分五分だが、張本選手の磨いてきたフォアハンドやカウンターが冴えていた。
10-4でゲームポイントを握ったが、チキータミスが目立ち10-9まで追い上げられてしまいました。
しかし、最後はゲームポイントを取る事が出来ました。
:4.5ゲーム、ラッキーなネットインなどで、林選手の表情がこわばり、次のサービスでミスをするなど、張本選手の有意ぶりが伝わってきました。
最後の2ポイントは、林選手のフォア前サーブを、強烈なカウンターで、ストレートコースに意表を突き、ラストポイントも同じく、ストレートへのチキータで決めた。

張本選手の、勝利後インタビューでは…
「最高に嬉しいです。」
「どの試合も相手に負けたくないという負けず嫌いが、ここまで導いてくれました」と答えていました。
※張本選手は、中学卒業後には神奈川・日大高への進学を希望して、今後卓球競技と学業の両立を目指しているそうです。
ご両親も勉強が1番で、卓球は2番めだという話を聞いた事があります。
ツアーの合間には、机に向かっている映像を観たこともあります。
2番めの卓球で、世界一とは本当の怪物くんですネ!!
.........
女子ダブルスでは…
「みまひなペア」の準決勝は、韓国の田志希(WR16位・26歳)/梁夏銀(WR31位・24歳)ペアとの対戦だった。
最終ゲームまでもつれた試合は「みまひなペア」が勝って、グランドファイナル2年連続決勝に進出できた。
準決勝
○早田ひな/伊藤美誠 3-2 田志希/梁夏銀(韓国)
(10.-3.-9.10.6)

最終日16日、19:50からの、女子ダブルス決勝は「中国の陳幸同(WR12位・21歳)/孫穎莎(WR25位・18歳)ペア」と対戦した。
11-9
13-11
12-10
という結果で、中国人ペアをストレートで破りました。
グランドファイナル 女子ダブルス 初優勝です。

優勝後のインタビューでは…
「去年は準優勝だったので、今年は絶対に優勝しようと思って挑んだので良かった」と早田選手。
伊藤選手も「今年最後の試合なので優勝できてよかった」と答えていました。

張本選手、伊藤選手、早田選手 グランドファイナル優勝おめでとうございます☆彡