2018年12月16日更新
2018 ITTFワードツアーグランドファイナル、男子シングルス決勝決定!

写真:2018 ITTFワードツアーグランドファイナル、男子シングルス決勝決定!

ワードツアーグランドファイナルは今日最終日を迎えました。

男子トーナメント表…
許 キン(中国)--4  許 キン--2
コウ 鎮廷(香港)-1

イ サンス(韓国)-2
林 高遠(中国)--4  林 高遠--4  林 高遠--4    林 高遠16日決勝進出

水谷 隼(日本)--  水谷 隼--4  水谷 隼--(ベスト4)
劉 丁碩(中国)--途中棄権

ボル(ドイツ)--0
梁 靖崑(中国)--4  梁 靖崑--2

..............
張本 智和(日本)-4  張本 智和--4  張本 智和--4  張本 智和16日決勝進出

フランツィスカ(ドイツ)1

林鐘勲(中国)--0
張禹珍(韓国)--4   張禹珍---1

カルデラノ(ブラジル)4 カルデラノ--4 カルデラノ-0(ベスト4)
大島 祐哉(日本)--3

丹羽 孝希(日本)--0
樊 振東(中国) --4  樊 振東---2


水谷選手は、樊振東選手が敗退し、中国勢で唯一4強に残った林高遠選手と準決勝を戦いました。
相手、林選手は、終始鋭いバックハンドが炸裂していました。
そんなバックハンドに押され、ストレート負けをしてしまいました。
中国の意地が感じられる程の気合で、水谷選手はポイント、ゲームをリードする事なく完敗でした。

張本選手はウーゴ・カルデラノ(22)選手と準決勝です。
ウーゴ選手は構えが独特で、しっかりボールを捉え、あの中国「樊 振東選手」を撃破して準決勝に上がってきました。
しかし、張本選手は7.8.8.5と4-0のストレートで下し、初の決勝進出を果たしました。

インタビューでは…
ここまでこれて嬉しい! でも満足せず、もう一つあるので気を引き締めます。
ウーゴ・カルデラノ選手の両手を使ったプレーは予想もできなかった。
僕は、ああいう技は出来ない、カルデラノ選手だから出来たのだと思うと答えていました(^^)

今の調子そのままで、中国の林 高遠選手との決勝を頑張ってください☆彡