2018年11月28日更新
「現代卓球」レシーブ「ツッツキ」は攻撃的に!!

写真:「現代卓球」レシーブ「ツッツキ」は攻撃的に!!

今迄のツッツキは、バックスイングを大きくとり、打球点は遅く、落ちてくるボールをとらえていました。
しかし、現代のツッツキは、全く違うと坂本コーチの教えです。

では現代のツッツキとは…
:打球点を早くする。
:バックスイングをとらない。
:早いタイミングのショートスイングで打球する。

以前のツッツキは守りの技術でした。
現代のツッツキは、攻撃的なツッツキに変わっています。
小さい振り幅で打球することで、相手のコートに早くボールがいくだけでなく、
バウンドの直後を捉える事で、回転に影響されにくくミスが防げるという

又、レシーブには、ツッツキだけではなく、ストップやフリックがあります。
それらのレシーブ技術が、以前と比べると、より攻撃的になってきています。
つまり、今迄の守りで遅い打球のレシーブ技術では、現代の卓球では通用しないと言われています。


現代の試合の勝つためには…
.機璽咼慌鹽召鮓極めるテクニック。
▲機璽咼慌鹽召砲△錣擦榛農菽爾離譽掘璽屬離謄ニック。