2018年11月09日更新
ITTFワールドツアー・プラチナ「オーストリアオープン」で敗戦の石川選手!

「オーストリアオープン」11月8日・大会3日目、女子シングルス1回戦で1回戦で姿を消してしまった。
世界ランク3位の石川佳純(全農)が世界ランク91位の何卓佳(中国)に、終始 圧倒されて0-4の完敗でした。

石川選手のこんな惨敗は見たことがない。
どんな事だったのか気になり、映像を確認しました。

石川選手の相手選手は「中国の 何卓佳He Zhuojia WR91」の19歳の若い選手でした。
何卓佳He Zhuojia選手はほとんど無名の選手ですが、2012年のグアムでのワールドカデットチャレンジの女子シングルスで、伊藤美誠選手を破り、優勝した事があった様です。

「何卓佳選手の戦型」は、バック表の前陣攻撃型。
日本の伊藤美誠選手や森薗美咲選手の様なタイプだそうです。

体つきはガッチリした筋肉質の様で、力強い卓球に感じました。
以前、石川選手も対戦していて、その時はフルゲームの末、なんとか振り切ったそうです。

何選手のプレーはトリッキーな戦いのように思えました。
フォア面裏ソフトにもかかわらず、まるで表ソフトのような弾きを多用する。
回転のあまりない鋭いボールが前陣から繰り出され、スピードでは石川選手を圧倒。
コースもしっかり深く、フォアサイドを切る鋭いボールを打ったり、次はバックサイドに厳しいボールが来ていた。
しかも正確でミスが少ない。
石川選手は、何卓佳選手のバック表の変化に全く対応できなかった。


オーストリアオープンの<女子シングルス1回戦>の結果は…
「石川佳純」 0-4 「何卓佳He Zhuojia」
 5-11.5-11.4-1.4-11

■1ゲーム目:石川選手のサービスから試合が始まった。
相手 何卓佳選手のストップはコースを狙いすぎバックサイドを大きく外れた。
何卓佳選手は大きなフォームでフォアバックの切り替えをする。
石川選手のタイミングよりゆっくりボールが入ってくる。
(3-3)何卓佳選手のサービスは下回転で石川選手のフォア側に長く、返球をバック深くに切り変えていた。
(4-4)石川選手は、大きくフォアへ切り変えされたボールに、手を伸ばしてドライブミス。
(4-6)何卓佳選手はゆっくりだが、回転があまりないのだろうか?重いボールなのだろうか?石川選手のミスがおきる。
(4-8)石川選手の打ちミスが続いているうちに4点の差になっている。
サーブ出しも、オーソドックスな感じでわかりにくくない様だが、フォアへ、バックへゆっくり深く送ってくるボールに、石川選手のミスが目立った1ゲーム目でした。


■2ゲーム目:このトリッキーナボールにも慣れてくるのだろうか?
石川選手もゆっくり返すと、何卓佳選手のオーバーミスになった。
(3-1)石川選手もゆっくり深くコースを選び、何卓佳選手のバックへ突いたボールはオーバーミスを誘えリードする。
(3-3)ストレートのバックバック戦では、表ラバーに鋭く差し込まれ、同点になってしまう。
何卓佳選手はあまり手首を使わず、バックは押し込んでくる。
ボールは、回転がなく直線的です。
そして、終始ポイント毎に大声で叫んでいた。
(3-8)3点の侭 終盤になった。
石川選手の少し回転の掛かったボールには、上がってくるのを待っていて、頂点前をバックでしっかり何本も押し込んで来た。
(5-11)1ゲームに続き同じ5点でこのゲームも落としました。


■3ゲーム目:石川選手のサービスからポイントする。
しかし、サービスから攻めようとバックドライブを掛けたボールに、頂点から真っ直ぐ押し込んで来て、石川選手の攻撃をさせない。
(1-4)とリードされた所で、石川選手が「タイムアウト」を取った。
タイムアウト明けはサービスからのラリー戦で1本取ったが、石川選手はコース変えしようとしてオーバーミス、バックドライブは空振り、思い切りのスマッシュもネットに阻まれ、大きくドライブもオーバーミスと、何をやっても得点できない!!
そして、バックバック戦でも打ち負けている。
石川選手も思わず天を仰ぐ…

(4-11)このゲームは、ネットに掛かったラッキーで4点まで取れたが、そのままマッチポイントを取られた。
バック、フォアラリー戦でも、何卓佳選手のコースが読めていない様でした!


■4ゲーム目:3ゲーム連取され、後がなくなった石川選手!!
何卓佳選手からのサービスだったが、ラリーはしっかり動いてポイントした石川選手。
攻めようとバックで持ち上げて、フォアへしっかりドライブしたが、何卓佳選手のフォアは、美誠パンチと同じラケットさばきで対応していた。
ツッツキ戦でもバックツッツキは、しっかり切れている様な角度で、石川選手のツッツキはネットにかかる。
(1-5)そのツッツキは、今度はフォアドライブでも上がらない石川選手。

石川選手はしっかり待って、何卓佳選手からのフォアへの返球は、コースが深く手を伸ばすがネットミス。
(3-8)又差が広がっていく…
石川選手はサービスのボールを握りながら、首を傾げていた。
ボールのタイミング、重さ?ナックル?頂点から打ち下ろされる。
最後迄、何卓佳選手とは合わず「5.5.4.4」のストレート負けをしてしまいました。


石川選手のこの様な試合を観たのは、あまりありませんでした。
今迄、中国のトップ選手とのボールには合ってきている様ですが、まだまだ経験のないボールもあるんですね!

これからはトリーキーな技術を生み出したり、経験して対応して行けるようにするしかないようです☆彡

...................................
因みに〈女子シングルス 決勝トーナメント〉1回戦の結果です。

橋本帆乃香 4- 0 SOLJA Amelie(オーストリア)
3.1.5.5

伊藤美誠 4 -1 長美柚
7.-1.6.7.7

佐藤瞳 3 -4 SZOCS Bernadette(ルーマニア)
-10.8.-6.7.-10.7.-10

石川佳純 0 -4何卓佳(中国)
-5.-5.-4.-4

安藤みなみ 1- 4 鄭怡静(チャイニーズタイペイ
-7.-6.9.-6.-7

早田ひな 3-4 平野美宇
6.-6.5.-3.-11.7.-8
.......................................